2015年1月27日 (火)

健康診断の結果、空腹時の血糖値が高めの人は、糖尿病予備群です。

健康診断で空腹時血糖異常を指摘された方、

結果報告書の医師からの判定区分はおそらく、
『要経過観察・生活改善』
となっていると思います。

ほとんどの方は、『要経過観察』だからと、
生活習慣の改善など適切な対策はしていないと
思います。

しかし、なにもしないでいると、
将来に糖尿病を発症する確率が非常に高くなります。

空腹時血糖値の判定区分は、日本では、
下記のように区分されています。

「    ~100mg/dL」正常型
「100mg/dL~110mg/dL」正常高値
「110mg/dL~126mg/dL」境界型
「126mg/dL~    」糖尿病型

糖尿病発症のリスクは、
空腹時血糖値が100mg/dL位から上昇しているという
データがあります。

アメリカでは、
空腹時血糖値が「100mg/dL~126mg/dL」の場合を
「前糖尿病」として、糖尿病を発症する確率が
高いと言われています。

健康診断で空腹時血糖異常を指摘された方は、
今から対策をする必要があります。

しかし、
食事制限は大変だし、好きなものも我慢したくない。
運動もしたいけど時間がとれない。
という方がほとんどだと思います。

そのような方は、
糖の働きを抑えるサプリメントからはじめてみては
いかがですか。

糖尿病になってからでは大変です。
今から対策をすることをおすすめします。

サラシアプラスは糖の働きを抑えるサプリメントです。

気になる方は下記のサイトで詳しい情報をご覧ください。
↓ ↓ ↓

 

糖の働きを抑えるサラシアプラス!その効果は!

糖尿病には食事制限と適度な運動が効果があると
言われています。

しかし、好きなものを我慢したり、
毎日運動するのは大変です。

糖質制限はカロリー制限より続けやすく、
血糖値の改善にも効果があります。

糖の働きを抑えるサラシアプラスも効果的です。

糖質制限はダイエットにも効果あり

糖質を摂取すると血糖値が上昇します。

それを抑えるためにインシュリンが分泌されます。

このインシュリンは
余った糖質を中性脂肪に変える働きがあります。

糖質を制限することによって
脂肪が蓄積されにくくなりダイエットにもなります。